バルーン
0

風船飛ばし、生き物を傷つけてまでやる必要ある?

生き物の命を奪う風船

イベントやショッピングモールなどで手渡される風船。

海外では、ウェディングやセレモニーで盛大に風船を飛ばすイベントがよくあるんだそう。

手を離すとどこまでも飛んで行って、いずれは自然の中に落下します。

浜辺に落ちた風船の残骸
浜辺に落ちた風船の残骸

photo by John Vonderlin (CC BY-NC 2.0)

環境問題を考えて、最近では生分解性の風船が使われている場合があるそうですが、分解される前にイルカやクジラ、ウミガメ、海鳥などが間違って食べてしまいます。

食べるとどうなるかというと、胃や腸で詰まり、飢餓状態になって死に至ります。

特にウミガメはクラゲが大好物。海の中をフワフワ漂う「ビニール袋」や「風船」をクラゲと勘違いしてしまうんだそうです。

あと、風船の「ひも」も厄介なもの。アザラシは好奇心旺盛なので、おもちゃにしているうちに絡まってしまいます。身動きが取れなくなった動物は、自由に餌を採れないため衰弱したり、天敵から逃げきれずに命を落としたりします。

風船のひもに絡まって死んだ鳥
首に風船のひもが絡まった状態で死んでいる海鳥

photo by U.S. Fish and Wildlife Service Headquarters (CC BY 2.0)

風船のひもに絡まって死んだ鳥
ケーブルに引っかかった風船とそのひもに絡まって死んでしまったカモメ

photo by U.S. Fish and Wildlife Service Headquarters (CC BY 2.0)

海の中での生分解は数ヶ月〜数年

いくら「天然ゴム100%の生分解性バルーン!環境にやさしい!」とうたわれていても、こうしたことで海の生き物は死んでいるんですよね…。

さらに、生分解性の評価は、大抵「土の中に埋めて」行われます。

土の中と海の中では、全然環境が違うのはわかりますよね。

海の中は温度が低いし、酸素も少ない。土の中と同じように分解できないんです。

それに、風船ももちろんプラスチック。紫外線や熱で粉々になって、マイクロプラスチックになります。

Learn more!

 プラスチックの海
バイオプラスチックで問題は解決?
バイオプラスチックという、いわゆる環境に優しいとされるプラスチックがあります。石油を使わずに再生可能な植物など…

一度だけ風船飛ばしをした過去

ちなみに1980年代後半、当時小学生だった私は、一度だけ風船飛ばしをしたことがあります。

授業の一環で、「風船に手紙をつけて飛ばしてみる」というもの。学年全体でやったので、多分120~140個くらいの風船が運動場から一斉に放たれました。

環境問題のことは、あまり話題になっていなかった時代。今では考えられない授業ですよね…。

私の風船は、隣の県の山郷へ。直線距離だと100km弱飛んだことになります。

拾ってくれたのは、その町に住む同い年くらいの女の子。田んぼにしぼんだ風船が落ちていたのを見つけて、拾ってくれたそうです。

ということは、多分どの生き物も傷つけずに落下したのかな…と今になって思います。

その子とは、それをきっかけにしばらく文通をしたのは懐かしい思い出です(どうしてるかなぁ)。

風船飛ばしの規制

日本のガイドライン

日本バルーン協会は、風船飛ばしについて次のようなガイドラインを出しています。

  1. ヘリウムガスを使用すること。(水素ガスはだめ)
  2. 天然ゴムの風船であること。マイラーバルーン(金属箔の風船)や自然界で生分解しないものは飛ばしてはだめ。
  3. ゴム風船の留め具は、プラスチックなど生分解しないものを使ってはいけない。ゴム単体で縛ること。
  4. 糸など持ち手を付ける場合、風船と同程度の生分解性を有すること。(木綿、輪ゴムなど)
  5. ゴム風船は必ず単体でリリースすること。集合体にしてはダメ。

飛ばしてもいい風船は生分解性のある天然ゴムとしていますが、海や川に着水した時のことを考えているのか、極めて謎です。

日本バルーン協会の公式サイトにある「ゴム風船についての研究と報告」を見ても、「風船飛ばしをしても自然界にはほとんど影響がない。無視できるから問題ない。」という見解ばかりが目立ちます。

欧米では?

イギリスでは、風船飛ばしへの反対運動が起こっています。

海洋保護協会(Marine Conservation Society: MCS)がビーチでの漂着ごみを調査したところ、1996年から2009年の間に、ゴム風船が約3倍に増えていると報告しています(MCSUK)。これをきっかけに、MCSと生物学者たちが風船飛ばしに反対。「Don’t Let Go!」というリーフレットを発行して広く呼びかけています。

そのほか、アメリカ、オーストラリア、シンガポールでも、数量規制や罰則などの条例を設ける州や都市があります。

日本って、「臭いものには蓋」なんですかね…。

使い捨てストローを廃止(削減)する自治体や企業が日本でも続々出てきていますが、次のターゲットは「風船飛ばし」なんてことも、ありえるかもしれません。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA